肺活量とは (肺活量のボケ)

肺活量

肺活量

肺活量(はいかつりょう)とは、体内に最大まで蓄えた空気を吐き出した際の量のことである。肺活量が大きい者は、より大きな大気の流れを生み出すことができるわけだが、所詮人間の内側に収まる程度の量であるからそれほどまでに周囲に大きな影響がでることはないだろうと思いきや、ここでは周辺に確実に影響が出るほどの肺活量の持ち主が活躍している。


肺活量に関連するボケの一覧 1ページ目を表示しています

秘書がドアを開けっ放しで出て行きやがったので、持ち前の肺活量でドアを閉める

  • {{errorResponse}}

自慢の肺活量で溺れた子どもをプールサイドまで吹く

  • {{errorResponse}}

司会の肺活量がすごすぎて息するたびに酸欠になるゲスト

  • {{errorResponse}}
ページのトップへ戻る