甘く見てたとは (甘く見てたのボケ)

甘く見てた

甘く見てた

甘く見てた(あまくみてた)とは、物の見立てを軽々しく、甘く考えすぎていたということである。シミュレーションをして備えるということをしておけば、たとえそれが外れていたとしても、ある程度の近似性があったりで多少は役に立ったり、そうでなくても気持ちの面である程度の覚悟ができるというものであるが、ここではまったくそれが役に立っていない例を見ることになるだろう。


甘く見てたに関連するボケの一覧 1ページ目を表示しています

ちょっと富士登山を甘く見てた

  • {{errorResponse}}

トマト祭を甘くみてたよ…

  • {{errorResponse}}

バナナを甘く見てた

  • {{errorResponse}}
ページのトップへ戻る