思ってたよりとは (思ってたよりのボケ)

思ってたより

思ってたより

思ってたより(おもってたより)とは、考えていたよりも、想定していたよりも、想像していたよりも、なんかこうビックリするような感じであったことである。やはり人というものはどこかで自分の想定の中に生きてしまっている。そんな時に、ここで見るような出来事に突然見舞われた場合、対処の仕方も方法もわからぬまま、ただ現状に流されてしまうのである。


思ってたよりに関連するボケの一覧 1ページ目を表示しています

これが伏見稲荷か、思ってたより小さいな…

  • {{errorResponse}}

車検が思ってたより適当

  • {{errorResponse}}

鬼が思ってたより強かったので、数で勝負する事にした

  • {{errorResponse}}
ページのトップへ戻る