余計とは (余計のボケ)

余計

余計

余計(よけい)とは、余剰であり、余分であり、余りものであり、半端に残ったものであり、無用であり、不必要なものである。101回目の結婚申し立てを歌ったものに「余計なものなどない」という部分があるが、その後の顛末を考えれば、やはりこの世界に余計なものが存在すると判断せざるを得ない。多少の余計なものは仕方ないが、人生を破壊する余計なものは、マズい。


余計に関連するボケの一覧 1ページ目を表示しています

!!ガバナンスとこな計余←

  • {{errorResponse}}

「よっけいにゃぁ~物など~ないよにぇぇぇ~」

  • {{errorResponse}}

刑法39条のお陰で、私は極刑どころか刑に服さなくても良さそうだよ…

  • {{errorResponse}}
ページのトップへ戻る