余分とは (余分のボケ)

余分

余分

余分(よぶん)とは、過剰な分、余っている分、残り物ということである。何事も適量、適度な分というものは必要であり、それが足りないと不足分が発生しているということになる。しかし、それを補填しようとするあまりいいやいいやでどんどん足していこうとした時に、いつの間にか気づけば余分が発生しているということもままあるため、注意深さが大切である。


余分に関連するボケの一覧 1ページ目を表示しています

余分な角質を食べてくれる

  • {{errorResponse}}

俺達余分三兄弟!

  • {{errorResponse}}

余分

  • {{errorResponse}}
ページのトップへ戻る